公務員の仕事 公務員試験

【具体例】入庁してからやりたい仕事を聞かれたら?【公務員面接】

※この記事にはプロモーションが含まれています。

  1. HOME >
  2. 公務員の仕事 >

【具体例】入庁してからやりたい仕事を聞かれたら?【公務員面接】

「公務員試験の面接を受けるには、まず何を準備したらいい?」「模擬面接は必要?」
まずは、やるべき準備が網羅されている予備校の資料を一読するのがおすすめです!

EYE公務員試験予備校

最終合格率78%を誇る予備校。学習計画などの個別相談が充実しているほか、対面・個別ブース・オンラインと受講形態も自分に合ったものを選択できます。

「やりたい仕事」は公務員試験の面接において聞かれる可能性がかなり高いです。

しかし、業界が絞られた民間企業と違い、業務が多岐にわたる公務員の仕事を回答するのは非常に難しいです。

この記事では「やりたい仕事が思い付かない」「正直に言うと『安定』が志望理由」というような方に、面接で志望度の高さをより伝えられる回答をお伝えします。

 

やりたい仕事が問われる理由

この質問をすることで面接官が測ろうとしているのは、

・本当に公務員になりたいのか

・本当にこの自治体へ入りたいのか

です。

公務員試験を受験する人の中には、「コミュニケーションが苦手で営業はできないから公務員」「面接が苦手だから筆記試験がある公務員」という人が少なからずいます。

そうした消去法的な理由ではなく、本当にこの仕事がしたいのかを測るためにもこうした質問をしています。

また、その自治体の業務について調べているかどうかも、この質問への回答から分かります。

市として力を入れている分野を知っているなどすれば、「この受験生は志望度が高いな」と面接官も感じるはずです。

 

やりたい仕事の選び方

その自治体でしかできない仕事を選ぶ

例えば、「まちづくりに関わりたい」という回答は、面接官としてはどこの自治体でもできる仕事に感じてしまいます。

「公務員になったら」という質問だったとしても「この自治体に採用されたら」という回答をするようにしましょう。

地理的な特徴とつながる仕事を挙げる

さきのまちづくりで言えば、

・水辺を生かしたまちづくり
・都会との近さを生かしたまちづくり
・歴史を生かしたまちづくり


など、その自治体の特徴を加えた表現にするだけで、志望度の高さも伝えることができます。
これはまちづくりに限らず、福祉や教育などでも「○○な環境を生かした」という言葉を付け加える形で使えるのでおすすめです。

どうしても自治体独自の仕事がない場合

自身の出身地であることや、かかわった経験を話し、「どうしても○○市でこの仕事がしたい」という熱意を伝えましょう。
「生まれ育った○○市で、これまで学んできた知識を生かせるこの仕事をしたい」

と、自分と自治体の関わりとやりたい仕事の分野をつなげると、仕事自体が自治体特有でなくても、他でもできる仕事ではない回答にすることができます。

 

自分の長所とつながる仕事を選ぶ

自分の長所とつながる仕事を選ぶと、用意している自己PRやエピソードの話題に展開する可能性が上がります。

例えば、「ひとり親家庭の支援に取り組みたい」というやりたい仕事があるとします。

そこに自分の長所として「傾聴力」があるとすれば、
「培ってきた傾聴力を生かして、苦しんでいるひとり親家庭に寄り添った支援をしたい」
という、より具体的な仕事として伝えることができます。

 

やりたい仕事の具体的な回答例

移住促進に関する仕事をしてみたいです。

○○市は河川沿いの水辺を中心に、自然豊かで美しい景観が魅力だと思います。

テレワークが普及した今、そうした景観の中で仕事をできるということは、このまちに住む大きなメリットになります。私自身も就職を考える中で、とても魅力的に感じました。

生まれ育った○○市へ、より多くの人に移り住んでいただくことで、市のさらなる発展貢献したいと考えています。

「具体的には?」

例えば、企業に働きかけて、従業員にお試しで○○市に泊まってテレワークをしていただくことなどが効果があると思います。

宿泊費を払って泊まることにはハードルがありますが、こちらが経費を負担したうえで、実際にテレワークを体験してもらうことで、実際の移住や口コミの広がりにつながるはずです。

 

やりたい仕事とは違う配属だったらどうするか聞かれたら

市役所や県庁などは、仕事の分野は多岐にわたり、当然希望しない分野の仕事をすることがあります。
実際に、ペラペラの英語を生かしたかった僕の同期も、一切英語を使わない業務をしていたりします。

この場合の答えは「やります」しかないですが、聞かれる可能性が高いので気の利いた回答を準備しておくといいです。

「行政の分野は幅広いですが、どれも住民のためであることは変わらないと思います」
「様々な経験を積んで、より住民のためになる仕事ができるように、与えられた分野で精一杯頑張ります」
というような、分野に限らずその自治体のためになりたいというアピールができれば100点です。

 

模擬面接を受けない人はこの本だけ読む!

模擬面接を受けない人は、「9割受かる」の本だけ読んでおきましょう。

飛び道具的な裏ワザがあるわけではありませんが、この本の内容をきっちり実践できれば合格はかなり近いと思います。

面接の座席配置の例などが載っていることなど、「あ、それ知りたかった」という内容が多くあり、とても役に立ちます。

まずはこの本をひと通り読んで、不安があれば模擬面接を考えてみるのもいいでしょう。

 

その他の志望動機の例文

やりたい仕事や志望先が絞り切れていない方は、次の記事でその他の具体例を紹介しています。

違った視点の動機をいくつか見てみるのも必ず役に立ちます。

【例文集】公務員試験の志望動機の具体例!自治体別・業務分野別に例文を紹介

「公務員試験の面接を受けるには、まず何を準備したらいい?」「模擬面接は必要?」 まずは、やるべき準備が網羅されている予備校の資料を一読するのがおすすめです! EYE公務員試験予備校 最終合格率78%を ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

かもしま

◇現役の県庁職員
◇公務員の前は民間企業(不動産)勤務
◇県庁採用試験は1ケタ順位合格
◇1児の父として子育てに奮闘中!

-公務員の仕事, 公務員試験

© 2024 こうむプラス.com