toppage

  1. HOME >

toppage

新着記事

公務員試験

2021/5/19

【具体例を紹介】千葉県庁の志望動機!

  東京にほど近く、住みよい県である千葉県。 ディズニーランドや空港などの人の集まるスポットも持つこの県を目指す人は、地元でなくてもたくさんいるのではないでしょうか。 では面接を受ける際の志望動機はどう話しましょう。 東京や神奈川よりもインパクトがなく考えづらい…そう思った方のためにも、現役公務員の目線から千葉県の志望動機を考えてみたいと思います。 目次1 県が力を入れている分野を調べる2 自分の長所と繋げる2.1 行動力が長所の場合2.2 コミュニケーション力が長所の場合3 面接で話す志望動機 ...

もっと読む

Uncategorized 公務員の仕事

2021/5/5

【希望は通る?】県庁の異動の頻度と部署はどう決まる?

基本的には県内でしか異動しない県庁。 ですが、その部署の数は事務所などを含めると100近いところも多いです。 どのくらいの頻度で異動するのか、異動先はどうやって決まっているのか、やりたい仕事の希望は通るのか… 今回はそんな県庁の異動について気になる点を、現役の県庁職員の目線でまとめてみました。 目次1 異動の頻度1.1 主事(20代)の場合1.2 主任(30代)の場合1.3 主査(係長)以上の場合2 異動先の決まり方2.1 経験や能力による要素2.2 個人の事情による要素3 異動の希望を通すためには?3. ...

もっと読む

公務員試験

2021/5/5

3年以内の転職が公務員面接で不利にならない理由

  よく耳にする「仕事は3年は続けろ」という言葉。 これを破って退職すると、ストレス耐性がないと思われて転職も不利になるという話を聞いたことがあります。 しかし、公務員試験においてはその法則は全く当てはまりません。 今回は、3年以内の転職が公務員試験で不利にならない理由を、民間企業から2年で県庁に転職した僕の視点からお伝えしたいと思います。   目次1 評価に面接官の感情は入らない2 民間出身者の能力への期待2.1 働き方改革のための民間の視点2.2 専門的知識のある人材3 やむを得な ...

もっと読む

公務員試験

2021/2/27

【具体例を紹介】北海道庁の志望動機!

北海道出身の公務員志望者は、多くの人が受験するであろう道庁。 広大な面積や、気候の違い、他の都道府県とは違った点がたくさんあります。 では面接を受ける際の志望動機はどう話しましょう。 東京都庁や一般的な県庁の志望動機は、具体例がインターネット上などにたくさんあるけれど、道庁のものは少ないですよね。 そう感じた皆さんに向けて、今回は現役公務員の目線から北海道庁の志望動機を考えてみたいと思います。 目次1 道庁が力を入れている分野を調べる2 自分の長所と繋げる2.1 人をまとめる力が長所の場合2.2 コミュニ ...

もっと読む

公務員の給料 公務員試験

2021/1/1

県庁から市役所への転職は可能?

県庁から市役所への転職。 仕事内容、通勤時間、色々な面で市の方が魅力的に感じることがあると思います。 僕自身、県庁へ入ったものの「市役所にしとけばよかったな」と少し後悔しているクチです。 ですが、実際に県庁から市役所へ転職することは可能なのでしょうか? 民間企業から県庁への転職を経験し、県庁では毎日のように市役所へ行き、密接に仕事をした経験から考えたことをお伝えします。   目次1 採用を敬遠されるって本当?2 プラスの評価をされるポイント2.1 県との繋がりを持っていること2.2 役所の仕事を ...

もっと読む

 

おすすめ記事

© 2021 こうむプラス.com