公務員試験

【具体例】埼玉県庁の志望動機の組立てと面接で話す文面を紹介!

  1. HOME >
  2. 公務員試験 >

【具体例】埼玉県庁の志望動機の組立てと面接で話す文面を紹介!

スポンサードリンク

「翔んで埼玉」など、名所がないことなどを自虐している埼玉県。

しかし、年間の予算規模は2兆円を上回るなど、多彩な事業を展開する自治体でもあります。

東京都に近くて、住むのにちょうどいいイメージの埼玉県。

突出したものの印象がない分、埼玉だからこその志望動機を考えるのはなかなか難しいですよね。

そう思った方のためにも、今回は現役公務員の目線から埼玉県庁の志望動機を考えてみたいと思います。

 

あわせて読みたい
【例文】防災をテーマにした県庁の志望動機の書き方!具体的な仕事も紹介

  公務員を目指す皆さんのなかには、全国転勤のない地方公務員の待遇に魅力を感じている人も多いと思います。 そうなるとまず目指すのは、市役所や区役所、都道府県庁ですね。   そんな地 ...

続きを見る

あわせて読みたい
県庁の志望動機として「観光」は使える?実際の仕事や民間との違い

県庁を受験する志望動機を考える際、 「地元に人を呼んで盛り上げたい」 「魅力を外の人たちに広めたい」 と観光に携わることを挙げる人も多いと思います。 しかし、県庁の観光の仕事は、旅行会社と違うのはもち ...

続きを見る

県が力を入れている分野を調べる

まずは埼玉県のホームページを見てみましょう。

ざっとホームページを見てみて、気になる取り組みをベースに志望動機を考えてみると捗るのでおすすめです。

さて、さすがは東京都で働く人のベッドタウンである埼玉。

こんな子育てに関わる取り組みも作られています。

子どもがいる人がカードを見せると、割引などの特典を受けられるものです。

こうした取り組みは民間企業の協力が不可欠で、なかなか発展しにくいものですが、埼玉の場合はかなりの数の店舗が協賛していることがわかります。

その他にも、次のページに記載されているような多くの施策を行っており、力を入れていることが感じられますね。

https://www.pref.saitama.lg.jp/kenko/jidofukushi/kosodateshien/index.html

こういった子育て支援をさらに充実させる方向で、志望動機を考えてみましょう。

 

自分の長所と繋げる

志望県の力を入れている分野を確認したら、今度は自分の長所を考える作業をしてみましょう。

志望動機を伝えるときは

・この職場にやりたい仕事がある

・その仕事は自分の力を活かせるものである

というロジックが使いやすいため、長所を考え織り交ぜることがおすすめです。

志望動機に使いやすい長所は、例えば次のようなものがあります。

 

課題の解決力が長所の場合

子育て施策と関連付けられものとして「課題を解決する力がある」という長所があります。

用意しているエピソードとして、部活動の問題を解決した経験、アルバイトの業務を改善した経験などがある人はこのジャンルに当てはまるでしょう。

このような力は、公務員の仕事では困っている人々を助ける分野で役に立ちます。

子育てというものは、お金も労力もかかるもの。

そうした人たちを助けることは、自治体に住む人を増やしたり、長く住んでもらうことにも繋がりますよね。

社会の景気などの状況に応じて、子育て世代を助ける計画を立てることに、あなたの長所を活かせるはずです。

 

面接で話す志望動機の具体例!

これまでにお伝えした内容から、具体的な志望動機を考えてみます。

具体例

私が埼玉県を志望した理由は、子育て世帯を支援する事業に取り組みたいと考えたからです。

感染症の流行などもあり、東京からの人口流出が増えているニュースを目にしました。

こうした状況の今、各県にとっては人を呼び込むチャンスだと思います。

私は、子どものいる世帯、また子どもを持つことを考えている世帯にとっての魅力を高めることこそ、人口の増加とその定着に最も繋がると考えます。

私のこれまでの経験から得た、課題を解決する力を活かして、地元である埼玉県を子育て世帯にとってより魅力的な土地にすること。また、それにより数十年後の埼玉県をより良くすることに取り組みたいと思い、志望しました。

 

注意してほしいこと

上記は一例なので、ぜひ参考にしつつもご自身の心に響いた埼玉県像を絡めて話してほしいと思います。

ただし、以下のような点は気を付けて!

千葉や神奈川ではいけない理由を用意する

志望動機を考えるとき、考えなければいけないのは「同業他社ではダメなの?」ときかれた場合の答えです。

出身が埼玉でない場合は、神奈川や千葉でも達成出来る動機になっていないか注意しましょう。

過去に訪れたときの思い出、独自の取り組みなど何でも構いません。

最近は多くの知事が「全国初の取り組み」をアピールしていますので、そうした取り組みを例にあげながら話すのもいいかもしれませんね。

 

 

県と市役所の仕事を間違えない

県庁と市役所の仕事の分担は、実際に働いてみないと分かりづらい面があります。

特にまちづくりのような話になると、市の管理する道路や川と、県の管理するものが混在しており分かりづらい面があります。

また、政令市であるさいたま市は県から権限が移っている業務も多くあります。

特に都市部の話題を具体例で話すときは特に注意しましょう。

 

その他の志望動機の例文

やりたい仕事や志望先が絞り切れていない方は、次の記事でその他の具体例を紹介しています。

違った視点の動機をいくつか見てみるのも必ず役に立ちます。

【例文集】公務員試験の志望動機の具体例!自治体別・業務分野別に例文を紹介

目次1 やりたい仕事別1.1 防災に関わる仕事1.2 まちづくりに関わる仕事1.3 教育に関わる仕事1.4 観光に関わる仕事2 自治体ごと2.1 北海道庁2.2 千葉県庁2.3 埼玉県庁2.4 横浜市 ...

続きを見る

色々な角度から公務員の仕事を見つめて、うまく志望動機を表現できるようになることを祈っています!

 

スポンサードリンク

-公務員試験

© 2021 こうむプラス.com